Loading
Image

Image

現在工事を進めているお家ですごく縦長の敷地のお家があります。

京都でよくみられる「ウナギの寝床」といわれる奥に長く伸びた敷地です。

現在こちらは併用住宅を建築中です。
基礎ができてきました。

更地で何もなかった時に比べて、工事が始まるこのころに「こんなにせまかったっけ?」と感じられる方が多いです。
でも、柱が立って壁ができて・・・と工事が進んでいくと「そうそうこんな感じ♪」とイメージと実際に目で見るサイズが合うように感じます。
土地は全然変わっていないのに、ものがあるかないか?でその土地が広く感じたり、狭く感じたりするって、不思議ですね。